アカツキ交通株式会社 | アカツキ交通はSDGs活動に取り組んでいます。
22555
page-template-default,page,page-id-22555,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.1,menu-animation-underline,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2,vc_responsive

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標であり、弊社もこの取り組みに賛同し、積極的に取り組み、篠路地域を中心とした地域社会の持続的な発展に寄与していく所存です。

ソーラーパネル設置のRハイブリッドプリウスの運行など、地域の環境に配慮し、持続可能的な環境整備に努めています。

弊社で働いていただける方々のために様々な勤務形態を用意するだけではなく、フレキシブルな働き方に答えられるよう、常に対話を心おがけています。また、2種免許の取得の完全バックアップや社員寮を用意することで、就業までの補助を行い、様々な状況の方でも安心して仕事を始められるようにしております。

人を愛することから始まる「三愛主義」を掲げ、先述の8の徹底を図っていきます。

北海道で初めて女性ドライバーを採用したタクシー会社として、移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、全ての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進していきます。また、現在も取り組んでいる子育てタクシーの運行をさらに発展させていきます。