アカツキ交通株式会社 | featured Medium
4
archive,category,category-featured-medium,category-4,wp-custom-logo,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.1,menu-animation-underline,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2,vc_responsive

アイドリングストップ・エコ活動

北海道環境行動計画(どうみん グリーン アクション)より

 

いつも、アカツキ交通のご利用、まことにありがとうございます。さて先日、お客様より「アイドリングストップ」に関してのFAXを頂戴いたしました。抜粋してご紹介させていただきます。

 

————

いつも朝、JRあいの里教育大駅からバスを利用して通勤しています。駅ロータリーにアカツキのロゴが入ったタクシーが並んでいます。お客様待ちのようですがエンジンをかけての停車が以前より気になっていました。

何台ものタクシーからでる排気ガスは削減できないでしょうか?

————

 

私達は環境への配慮、また取り組む上でも、アイドリングストップ・エコ活動について、すべての人が関心を持ち、取組まなければならない時代だと思います。今年の春は、まだまだ遠く、朝方も、晩も冷え込みがあります。車内も寒く、「ヒーター」を使用していることもあるかましれません。

(※ まだ寒いので寒ければ、暖かい服装もするように指導をしております。)

また、夏になりますと、どうしても「エアコン」を入れることもあるかもしれません。業務中に、社員が熱中症になってしまうことも当然に防がなければなりません。しかし、時々は、降りて体を動かす(腰痛予防)等の指導もしてまいります。

もう暫くすると、春、暖かい季節もきて、エンジンもかけずにいられると思います。

現在、さらなる”環境にやさしいハイブリット車”にも、取り組んでいるところです。

しかし、完全なる電気自動車ではない為、

「停車後、一定時間を超え、充電量が減少すると、エンジンにより発電」

を始めます。そのため、その時点ではアイドリングをしてしまいます。今後ともどうかご理解を賜われますと幸いです。

便利屋タクシー

タクシー

原点回帰、そしてお客様のための新しいサービス

アカツキ交通の創業当時は自家用車が少なく、「陸の孤島」と言われるほど交通の便が悪い田舎でした。創業前に雑貨屋を営んでおり、夜中急病人やお産だからハイヤーを手配してほしいとよく頼まれました。しかし、なかなか篠路まで来てくれません。サービスで、配達に使う車で病院へ送った事もよくありました。篠路の人々に不便な思いをさせたくない。と思いタクシー会社の創立を決意しました。

私たちは創業の原点を見つめなおし、タクシーの新しいサービス「便利屋タクシー」を始めています。介助、忘れ物代理受取、書類の代理受取・届出など、お困りのときご利用ください。


お問い合わせ TEL 011-771-2632

※ サービス開始には、札幌陸運支局に事業申請を行い、認可を受けて行っております。